AI全般

Salesforce Einstein の基礎

Posted

Salesforce Einstein とは

Salesforce Einstein についての噂を聞き、興味を引かれたのですね。しかし、Salesforce Einstein とは一体何なのでしょうか?

Salesforce Einstein は CRM 用の人工知能 (AI) です。

みなさんは生まれながらのインテリジェントタイプのようなので、すでに「人工知能の基礎」のバッチは獲得し、AI についてかなりご存じのことと思います。しかし、Salesforce Einstein の詳細に進む前に、そのモジュールで学んだことを簡単に復習しましょう。

  • AI は、カスタマイズされた推奨事項、インテリジェントな検索結果、自動化されたアシスタントによって、私たちの生活を楽にしてくれます (ただし、殺人ロボットではありません)。
  • データ、計算機能、アルゴリズムの収束により、AI は進化の転換点にあります。
  • AI はアプリケーションに埋め込まれて消費者の生活ですでに使用されており、UI 環境をとおして表面化しています。

Salesforce のコンテキストでは、この最後の一文が鍵になります。Salesforce Einstein でもほとんど同じように考えることができます。コンシューマアプリケーションと同じように、AI がすべての Salesforce アプリケーションに注入されて、顧客とのやり取りがスマートになります。つまり、Salesforce Einstein により、ワークフローからプロセスビルダー、分析まで、Salesforce プラットフォームのすべての主要機能に AI がシームレスに埋め込まれるのです。これにより、データサイエンティストだけでなく、すべての Salesforce ユーザが、ビジネスのコンテキストで直接的に予想できるようになります。

CRM 用の AI である Salesforce Einstein は、システム管理者やユーザがすでに使用している Salesforce アプリケーションに埋め込まれています。つまり、AI がすべての人にもたらされるのです。

すべての Salesforce クラウドがスマートになります。高度な機械学習、深層学習、予測分析、自然言語処理、スマートデータ検出といった機能を備えた Salesforce Einstein により、会社のすべての顧客処理、ワークフロー、インタラクションがすぐにスマートに、より予測的になります。

Salesforce ユーザが各クラウドでできる内容を、次に示します。

Sales Cloud Einstein

営業担当を最適なリードと商談にガイドして、最適な案件の成立に集中できるようにする。

Service Cloud Einstein

顧客が自分で回答を見つけられるようにサポートし、適切なコンテンツを推奨することで、先を見越したサービスが実現し、サービスエージェントはケースを速く解決できる。

Marketing Cloud Einstein

顧客が次に何をするかを予測し、利用者の好みとチャネルに基づいてコンテンツや商品を推奨することで、マーケティング担当者はよりカスタマイズされたマーケティングキャンペーンを作成できる。

Community Cloud Einstein

顧客の質問に対してコンテンツやエキスパートなどを推奨することで、コミュニティ環境をカスタマイズする。

Analytics Cloud Einstein

把握する必要がある次のインサイトを自動化して優先順位を設定する。

Commerce Cloud Einstein

適切な商品やサービスを適時に推奨して買い物客の環境をカスタマイズし、エンゲージメントの促進、変換の最大化、注文価格の増加を図る。

Salesforce Platform Einstein

インテリジェンスを至る所に埋め込み、IT およびアプリケーション開発者が、AI を装備したアプリケーションをどのような使用事例に対しても構築できるようにする。

Salesforce IoT Einstein

行動の自動化と予測を行い、エンドユーザが最重要インサイトに基づいて行動できるようにする。